RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

10/13(金)開催!参加費無料【ふくしま"意"住CAFE Vol.02 意住×働きかた】

チラシvol2_1004 (1)-01.jpg


ふくしまに思い(=意)を寄せて移り住んだ方のお話を聞き、交流する、
ふくしま"意"住CAFE。

第2回の今回は"自分らしい働きかた"がテーマ。
福島に意住して新たな働き方を実践している方と、
そうした方をサポートする受け入れ地域の方をゲストにお招きして、
自分らしい働きかたを一緒に考えてみませんか?


<日時>
2017年10月13日(金)19:30-21:00

<場所>
EDITORY神保町

<メニュー>
移住前後の暮らしや仕事の変化
「意住する人×意住サポーター」トークセッション
(交流会(ゲストが関わっている特産品などをご用意します♪)

◆こんな方におすすめ!
・福島にちょっとでも興味がある方
・福島に移住・定住を考えている方
・IUターンを希望する方

<ゲスト>
【古崎 泰介さん】
1988年生まれ、埼玉県所沢市出身。獨協大学ドイツ語学科卒。
両親が福島県出身ということもあり、2014年に小野町地域おこし協力隊になり福島に移る。
3年間の任期を終了し、地域の新聞販売店を引き継いだ。自身の定住経験を活かし、IUターンを希望する若者を福島へ呼び込むことを目指す。

【蓬田 守さん】
県中地域移住コーディネーター。福島県小野町出身。同町在住。長年にわたり地域に暮らす人々と移住者との橋渡し役を担う活動に携わっている。
主に首都圏での移住相談会および田舎暮らし体験ツアーの企画・実践、移住者の孤立防止のため地域との交流機会の創出や移住後のフォローなどに取り組み、移住者をサポート。

<ファシリテーター>
【三廻部 麻衣さん】
埼玉県出身。早稲田大学大学院を卒業後、ファーストリテイリング(UNIQLO)へ入社。東日本大震災後、仕事で福島(東北)にかかわりたいという思いが強くなり、2014年に復興庁へ転職。
2016年に福島市へ意住し、現在はふくしま連携復興センター広域避難者支援チームに所属。
夢は、誰もが天寿をまっとうできる会社をつくること。


【お申込みはこちらから】

チラシvol2_1004 (1).pdf


【主催】福島県企画調整部地域振興課
【企画・運営】一般社団法人ふくしま連携復興センター
【お問い合わせ】024-573-2732
        n.takiguchi@f-renpuku.org
        担当:瀧口