RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【 EDITORY 2Fイベントラウンジ 壁リニューアル 】

IMG_4140.JPG


EDITORY2Fイベントラウンジの壁をリニューアルしました!

今回壁にドローイングしてくれたのは、野村佳代さん。
EDITORY浅草橋やCharinCo HOSTELのプロデューサーである笹野美紀恵の友人で、
幼少期をカリフォルニアで過ごし、帰国後も多くの土地で暮らした経験を持っています。国内だけではなく、海外でも個展をひらき、活躍しているアーティストです。

描いてくれたのは、「クジラ」。
色々なものから編成されて出来ているこのクジラは、
みんなの夢をのせて、今にも飛び立とうとしています。


現在、野村さんは銀座のギャラリーでグループ展に参加されています。
今週中が会期となっていますので、
みなさんぜひ足を運んでみてくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「高橋千裕・御子柴大三・山本冬彦の推薦作家による
わたしの中の村上春樹 ? -イメージと創作-」

Date:2017.7/21(Fri) - 7/28(Fri)
Time:11:30-19:00 (Last Day till 17:00)
Place:ギャラリー枝香庵
http://echo-ann.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


野村佳代
kayo-nomura.jpg

名古屋生まれ。幼少期をカリフォルニアで過ごし、帰国後も多くの土地で暮らした経験を持つ。アーティストとして活動するまでにマスコミ、外資系企業、シンガポール勤務、とキャリアを重ね、人間の持つ多様性と普遍性を実感する。
多種多様な人間模様が放つ、光と影の二面性を知った時、「目に見えるものと目に見えないもの」「大胆さと繊細さ」「強さと弱さ」両極の要素を合わせ持った表現に魅入られ画面に落とし込むように。喜び・幸せの光の面だけでなく、悲しみ・苦しみの影の面も同様に受け入れることができた時に「人生はより主体的に生きることができる」という思いを、作品を通して多くの人と共有していきたい。

Kayo grew up in California and also in various places both in Japan as well as overseas, finally settling in Hyogo. There, she blossomed and began her career as an artist. Her background in travel and culture encouraged her to see more of the diversity and the universality of the human facets, where she discovered that the world is made of yin and yang - her main source of inspiration.

Kayo's art is a form of visual storytelling interested in conveying dichotomies - from happiness to sorrow, light to darkness, and strength to weakness. Her art acts as a message that, by living life accepting every moments that comes to us, we can embrace life to the fullest.

https://kayo-nomura.com/
https://kayo-nomura.com/instagram/