RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【8/22(月)神田のカレーとカレービールを楽しむ!Tokyo Local Thinking 番外編】

curry.jpg

今年の11月5日、6日に開催される「神田カレーグランプリ」に先駆けて、猛暑に負けないようにカレーとカレーに合うビールを楽しみながら、神田カレーグランプリの主催者・株式会社ロハスコミュニケーションズ 中俣 拓哉氏をゲストに迎え、カレーの楽しみ方や街との繋がりをお話して頂きます。

また新潟県燕市に本社を構える、山崎金属工業の中村氏を迎えて、スプーンの説明や、いま取り組んでいるカレー用スプーンのお話しもします。
神田の街の方だけではなく、日頃から神田に関心がある方もぜひご一緒にお越しください!


【 当日のプログラム 】

?カレーの街・神田で大注目の「インドカレー」

本場インド・パキスタンカレーの名店『シディーク神保町店』のオリジナルカレー2種類とサラダをご用意!ナンとライスの食べ比べも出来ます。
同店オーナーによるこだわりの料理説明を聞きながら、本場のカレーをご堪能ください!

?カレーに合うビール「カレービール」
昨年の神田カレーグランプリで驚異的な人気を誇った、その名も「カレーラバーエール」が登場!
宇佐美麦酒製造株式会社とのコラボレーションで開発されたビールで、カレーのスパイスと4種類のモルトの絶妙な組み合わせが、カレーとの相性抜群!
世界初・カレーに合うビールをぜひご賞味ください。

?神田カレーグランプリ実行委員長・中俣氏のトーク

『カレーは街活性の救世主となれるのか!?神田カレーグランプリの挑戦』
今年で6年目を迎える神田カレーグランプリは、年々来場者が増え続けている、神田を代表する一大イベント。そんなカレーグランプリの歴史や街との関わりについて、実行委員長自ら語って頂きます。
主催者ならではの裏話など、面白く興味深いトークをお楽しみください。

?山崎金属工業・中村氏のトーク
新潟県燕市に拠点を置く同社は、ノーベル賞創設記念オリジナルカトラリーの製作に携わる等、世界中から支持される金属洋食器メーカー。
最高品質のモノづくりを目指す同社の代表作や製造過程のご紹介、燕市の産業についてお話しします。
また、現在企画中のカレーに合うスプーンのお話は、カレーファン必聴です!


========================
■イベント概要 

日時:2016年8月22日(月) 19:30よりイベント開始(開場は19:00)

会場:EDITORY(エディトリー)神保町 2F
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル 2F

<開催スケジュール>
19:00  開場

19:30  カレーに纏わるトークタイム

20:00  交流会スタート

21:30  終了

■主催

EDITORY 神保町内(『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト事務局)

■お問い合わせ

久保 kubo@editory.jp

★★★ お申し込みはコチラ ★★★
http://peatix.com/event/188604/view


========================
【 ゲスト紹介 】

中俣さん.jpg

■株式会社ロハスコミュニケーションズ 中俣 拓哉氏
美容・健康関連事業、販促コンサルティング事業を行う傍ら、千代田区商工業連合会副会長をつとめる。2011年より神田スポーツ祭りの特別イベントとして神田カレーグランプリを開催。 
株式会社ロハスコミュニケーションズ代表 神田カレー街活性化委員会委員長


ゴーンフィッシン画像-1 (1).JPG

■山崎金属工業株式会社
創業1918年の金属洋食器メーカー。斬新なデザインと機能性を兼ね備えた美しさを再現する製造技術の探究心と、製品を通じて「潤いと豊かさ」を提供できる企業でありたいとの思いから、創業当時より最高品質のモノづくりを目指す。1991年のノーベル賞創設90周年オリジナルカトラリーの製作にも携わる。


editory.jpg


■主催:EDITORY 神保町(『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト事務局)

EDITORY 神保町:http://www.editory.jp/  

THINK! TOKYO LOCALプロジェクト:http://thinktokyolocal.com/


■プロジェクト発起の背景

主催のEDITORY(エディトリー)神保町は、コワーキングスペース(シェアオフィス)やイベントスペースの運営を通して、EDITORY 会員や街、企業などとのコラボレーションを生みながら、地域で活動する人々との関係性を積み重ね、様々な交流の場を創ってきました。

さらに神田の街に還元できる活動として、『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトが2014年10月よりスタートしました。

トーキョーローカルエリア(主に神田エリア)で活躍する人を応援する「PEOPLE」、地元住民、企業、学生などが集まり、一緒にまちの賑わいづくりについて考える「THINKING」、様々なプロジェクトを実行に移す「ACTION」の3つテーマに活動しています。

2016年4月23日,24日の2日間に渡り、コーヒーの街・神田神保町・錦町PRの一環として地域のコーヒー店と共同で「COFFEE COLLECTION around NISHIKI-CHO 2016 Spring」を主催、2日間で約4,000人以上の方が足を運ぶなど、街の賑わいも生み出すコワーキングスペースです。

※2016年10月29日、30日の秋にも開催決定。

http://coffeecollection.tokyo/

coffee collection.jpg


神田エリアで培ったノウハウを元に、モノづくりの文化が根付く台東区浅草橋の駅から徒歩1分に「モノづくり」をコンセプトにしたシェアオフィスとカフェが併設したイベントラウンジ『EDITORY 浅草橋』を2016年9月オープン予定。

現在、シェアオフィスの入居会員を募集中!

関心ある方は、運営マネージャー・久保まで 

info@editory.jp