RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【イベント情報】3/24(木) 「TOKYO LOCAL THINKING」vol.16 〜『資金』と『共感』を集めて、地域を『賑やか』にするクラウドファンディングの活用事例〜

sa.jpeg


今回はインターネットとソーシャルネットワークを最大限に活用する事で、webから資金を集めるクラウドファンディングを活用した地域活性化について、皆様と意見を交わしていきます。

クラウドファンディングとは、様々な取り組みやアイデアをサイト上で発表することで、その取り組みに共感した全国各地の人々から広く支援金を募ることができるサービスです。補助金や助成金、融資や投資ではない、全く新しい資金調達手法として世界で注目を集めています。インターネットで支援を集めるという性質上、取り組み自体の認知が広がっていくという効果もあります。地域では特に苦手意識がある人も多い、PRの部分も資金調達と一緒に行うことができます。

当日は地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディング「FAAVO」から田島 実可子氏、岡田 拓也氏の2名をお招きして、具体的な事例の紹介していきます。

■こんなお話を予定しています  ※内容が変更する事もあります 
・クラウドファンディングとFAAVOについての説明。FAAVOの特徴
・日本最高額 4,500万円を集めたプロジェクトの説明(予定)
・お金と共感以外に得られるクラウドファンディングの二次的効果について
・クラウドファンディングの失敗事例など

■後半の交流会では、このエリアの方々と交流を深める時間もございます。
※交流会は途中退場可能。

■お申込みはコチラから
http://tokyolocalthinking16.peatix.com

========================
■イベント概要 
日時:2016年3月24日(木) 19:30よりイベント開始(開場は19:00)

会場:EDITORY(エディトリー)神保町 2F
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル

主催:『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト事務局(EDITORY 神保町内)
URL:http://thinktokyolocal.com/


11.png

地域特化型クラウドファンディング 『FAAVO』とは?
『地域の「らしさ」を誰もが楽しめる社会をつくる』をコンセプトに展開するFAAVO(ファーボ)は、
地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファンディングネットワークです。

地域の誰もが気軽にクラウドファンディングに挑戦でき、誰もが気軽に全国の地域との「つながり」をつくっていく。その「つながり」こそ、これからの人口減の日本社会において、大きな意味を持つ、そんな未来を目指しています。

URL: https://faavo.jp/


1tajima.jpg

『FAAVO』 コミュニティマネジメントチーム・チーフ  田島 実可子氏
2013年からFAAVOに参画し、これまで100以上のクラウドファンディングプロジェクトをサポート。
「地域にチャレンジを賞賛する文化をつくる」をミッションとし、プロジェクトの企画相談、エリア運営のサポート、およびイベントの企画運営を行っている。


11okada.jpg

『FAAVO』 ローカルジャーナリスト  岡田 拓也氏
ローカルジャーナリストとして「地域の魅力を可視化する」ことを使命に、FAAVOとは別に自身が編集者を務めるMACHI LOG 編集長とし、全国のまちづくり事例を50以上取材し、地域のキーパーソンへのインタビューを行っている。
FAAVOの前には、日本から世界に挑戦するクラウドファンディング「COUNTDOWN」に3年程関わり、他社のクラウドファンディングサービスや事例にも精通している。

=======================

<開催スケジュール>
19:00  開場
19:30  TOKYO LOCAL THINKING プロジェクト説明 & アイスブレイク
19:50  『資金』と『共感』を集めて、地域を『賑やか』にするクラウドファンディングの活用事例
21:00  交流会スタート
22:00  終了

======================

■プロジェクト発起の背景
『THINK! TOKYO LOCAL』事務局を務める EDITORY(エディトリー)神保町は、2013年4月に神保町にオープン。シェアオフィスやイベントスペースの運営を行う中で、会員や街、企業などとのコラボレーションを生みながら、地域で活動する人々との関係性を積み重ね、様々な交流の場を創ってきました。

そのような活動の中、EDITORY神保町の内外におけるコミュニケーションやコラボレーションを増やし、さらに街に還元できないかと考えるようになり、『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトが 2014年10月にスタートしました。

トーキョーローカルエリアで活躍する人を応援する「PEOPLE」、地元住民、企業、学生などが集まり、一緒にまちの賑わいづくりについて考える「THINKING」、プロジェクトを実行に移す「ACTION」をテーマに活動しています。