RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【イベント情報】7/3(金) "トーキョーローカル"で暮らし、働く人々と考える。『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト主催「まちづくり」イベント開催!

DSC_0196.JPG

EDITORY 神保町が事務局を務める、『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト主催のイベント「TOKYO LOCAL THINKING」

今回、10名様限定で本イベントへの参加者を募集します。

第10回目となる当イベントでは、ゲストスピーカーに新潟県三条市の國定市長をお迎えし「外から人が来たくなる街の魅力の見つけ方、育て方、PRの方法」についてお話をいただきます。

?PRサービス「バリュープレス」を通して、本イベントのプレスリリース配信をしております。
https://www.value-press.com/pressrelease/143736


この土地を東京ならではの「LOCAL」、「TOKYO LOCAL」エリアと捉え、このエリアの方々と「まちづくり」について考えるイベント「TOKYO LOCAL THINKING」を、過去9回に渡って開催してまいりました。

トーキョーローカルエリアの地元住民、企業、学生などが集まり、一緒にまちの賑わいづくりについて考える当イベントでは、これまで参加者はのべ400人以上。企業、学校などの約90団体以上に賛同をいただいています。

今回は第10回を記念して、神保町の魅力を伝えるフリーペーパー「じじ神保町」とのコラボレーションにより、 神保町出身で、人口比における社長の割合が日本一多いところとも言われる、新潟県三条市 國定勇人市長をゲストにお招きして、新潟県のほぼ中央にあたる燕三条地域の工場を一斉に解放し、ものづくりの現場を見学・体験するイベント「燕三条 工場の祭典」を例に、地域創生の最先端事例についての講演会を開催します。

この新潟での取り組みは、4日間で1万人以上を動員し話題を呼んだ一大プロジェクトです。ものづくりを主題としたイベントではありますが、地域の活性化という面で、まちづくりやシティプロモーション関係の仕事に携わる方々においても非常に参考となるお話がいただけると考えています。

特別に10名様限定で本イベントへの参加者を募集します。(交流会のご飲食代 1,000円頂戴致します。)

当日は國定市長のお話、トーキョーローカルエリアの方々の交流を通して、様々な視点から「まちづくり」について考え、そして同じ志を持つ方々との出会いの場を創出いたします。

■お申込みはコチラから
http://tokyo-local-thinking10.peatix.com/

================
■イベント概要
【第10回 TOKYO LOCAL THINKING】

日時:2015年7月3日(金)
19:30よりイベント開始(開場は19:00)

会場:EDITORY(エディトリー)神保町 2F

定員:10名(懇親会代として 1,000円)

主催:『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクト事務局(EDITORY 神保町内)
URL:http://thinktokyolocal.com/


sityou.jpg
ゲストスピーカー:新潟県三条市 國定勇人市長 
URL:http://www.city.sanjo.niigata.jp/seisaku/page00030.html


jiji.jpg
協力:フリーペーパー「じじ神保町」 
URL:https://www.facebook.com/jijijimbocho

<開催スケジュール>
19:00 開場
19:30 國定市長 講演スタート
20:05 質疑応答
20:35 フリータイム
20:50 國定市長 ご退席
21:00 交流会スタート
22:00 終了

お申込みはコチラから
http://tokyo-local-thinking10.peatix.com/

======================

■プロジェクト発起の背景
『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトの事務局を務める EDITORY(エディトリー)神保町は、2013年4月に神保町にオープン。シェアオフィスやイベントスペースの運営を行う中で、会員や街、企業などとのコラボレーションを生みながら、地域で活動する人々との関係性を積み重ね、様々な交流の場を創ってきました。

そのような活動の中、EDITORY神保町の内外におけるコミュニケーションやコラボレーションを増やし、さらに街に還元できないかと考えるようになり、『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトが 2014年10月にスタートしました。トーキョーローカルエリアで活躍する人を応援する「PEOPLE」、地元住民、企業、学生などが集まり、一緒にまちの賑わいづくりについて考える「THINKING」、プロジェクトを実行に移す「ACTION」をテーマに活動しています。

過去の「TOKYO LOCAL THINKING」では、神田古書店連盟や神田スポーツ店連絡協議会の会長をお招きし「神田古書店街に来る外国人向けの地図を考える」、「神田スポーツ店街の春夏の活性化について」をテーマにした会、「学生と地域の連携を考える」会など、街の様々な問題に対して、関係者が集まり話し合いを進めています。

また、企業からの出席者だけではなく、地域で生活する人々や学生などが垣根を越え、活発に議論を交わしているのも特徴的です。単にミーティングに終わるのではなく、具体的な施策が決まりプロジェクトとしてスタートすることも珍しくはありません。
今年の8月には、音楽をテーマに「まちづくり」のことを考える「TOKYO LOCAL THINKING」VOL.11の開催や、秋以降には、神保町コーヒーフェス(仮)など、街が賑わい生活する人々の元気を呼び起こす、バラエティ豊かなイベントをトーキョーローカルエリアで企画しています。

私たち『THINK! TOKYO LOCAL』プロジェクトでは、地元の活性化だけにとどまらず、トーキョーローカルエリアで成功したモデルケースを元にして、ほかの地域にも役立つような情報発信を今後とも進めてまいりたいと考えています。