RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【 6月28日(日)開催!!しまねの教育ナイト - 地方創生×教育魅力化 しまねが拓く未来のカタチ - 】

告知用.jpg

昨年秋にEDITORYで開催した、島根地域の魅力を伝えるイベント「シマネビト」。
今回の6月28日(日)のしまねのイベントは、地方創生×教育の魅力化をテーマに開催されます。

今、地域活動やIターンUターンの活動が、活発に行われている島根県ですが、
今回のこのイベントでは、『教育』を軸にした地方創生へのうねりを感じ、
『教育』が拓く未来のカタチについて、島根出身の方、地域活性、
まちづくりに興味のある方、教育関係の方。
もちろん、それ以外の方も、じっくり語り合える場となります。

皆さんのご参加、こころよりお待ちしております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
《プロローグ》
これまでの教育は、地方から都市部へと人材を送り出すことにより「都市一極集中型の発展」と「地方の人口減少」に大きく貢献してきました。
2008年、この極めて持続可能ではない流れに逆行すべくスタートしたのが、島根県の離島海士町での『隠岐島前高校魅力化プロジェクト』です。

この地域が子供たちにとって『志を果たしに帰ってくる場所』になることを目指して取組んだ" 人づくり・教育・グローカル人材の育成 "は、取組み開始から8年目を迎え、様々な成果を上げています。
そして、地方創生元年の今年、離島で始まった取り組みは、島根県全域のみならず、全国にその広がりを見せようとしています。

島根県は今年度より、これまで隠岐島前高校魅力化コーディネーターとして、教育の魅力化・ブランド化に取り組んできた岩本悠氏を、島根県教育魅力化特命官に迎えました。
島根県は今まさに、『教育』を軸にした地方創生へのうねりを創ろうとしているのです。

しまねの教育ナイトには、県内の高校魅力化コーディネーターが一挙集結!!!教育イノベーションの最前線に立つ彼らは、子どもたちや学校、そして地域にどのような価値を提供しているのでしょう・・・そして日々どのような想いで取り組んでいるのでしょうか。

地方創生のど真ん中!『教育』が拓く未来のカタチについて、じっくり語り合いましょう!皆さんのご参加、こころよりお待ちしております。

====================

■日 時:
平成27年6月28日(日)19:00 - 21:00

■参加費:
1,000円(菓子・おつまみ、飲み物を用意 ※アルコール有)

■会 場:
神保町EDITRY 2F イベントラウンジ

■内 容:
・ゲストトーク
・「しまねのお仕事紹介"教育編"」※島根県内各地の教育に関する求人情報を紹介!
・交流会

■ゲスト:
岩本悠 氏(島根県教育魅力化特命官)
http://megurinowa.jp/bokushima/column/2013/01/post-1.html

■お申込み:
1 - 4の内容を明記の上、お問合せ用メールアドレス(shimane.event@gmail.com)よりご連絡ください。
1 氏名  2 年齢  3 職業  4 連絡先(メールアドレスor携帯番号)
※お申込み締切は6月24日(水)までですが、定員になり次第受付を終了させていただきます。

お問合せ:
shimane.event@gmail.com(担当:水戸)