RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【EDITORY 3階 シェアオフィス デザイナーインタビュー】


この冬、スケルトンスペースだったEDITORYの3階は、シェアオフィスになります。
現在、着々とリノベーションが行われ、
だんだんと素敵な空間になる様がわかるようになってきました。

そんな、デザイン・リノベーションを手がけてくださっている
TETOKAオーナーの手塚さんにお話を伺いました。

10384220_202898133190469_2548699589935262873_n.jpg


TETOKA オーナー 手塚さん
グラフィックと映像制作を生業とする手塚さん。
神田司町で、古屋をセルフリノベーションしたアートギャラリーカフェ「TETOKA(テトカ)」を営まれてもいます。
TETOKA WEBサイト

-- TETOKA以外にもリノベーションを手がけられていたのでしょうか

「今は無くなってしまったけど、代官山のお店とか、131っていうシェアオフィスの三階につくられたレストランとか、
ぼちぼち内装の仕事もしています。デザイン全般の仕事をしている、という感覚です」

20130903-2-472x630.jpg


-- 3Fはどうなる予定でしょうか

「ここは古いビルだけど、それをまるっきり綺麗な新築みたいにするつもりはありません。
もともとここが持っている雰囲気をのこして、それが素敵だねって言ってもらえるような空間にします。
時間が経たないと出てこない良さ、っていうのを大切にしたいな、と。
小屋を建てるっていう計画はリクエストがあったのでつくっています」

DSC_0394.JPG

-- 今はどんな作業中でしょうか

「いろんな作業を平行して行っているところです。間仕切りの壁をつくったり、ペンキ塗りをしたり。
仕上がりを見てもらうために先に小屋を一棟つくってしまったり、といった作業をしています」

DSC_0493.JPG

-- どんな人に3Fを使ってほしいですか
「やっぱり、内覧にきたときに「ここがいい」って思ってくれる人じゃないかな。なんでも自分で作るような人に気に入ってもらえるかもしれないし、逆に普段は会社の普通のオフィスを使っているけど新しく自分の仕事場を得たい人にここが気に入ってもらえるかもしれない。とにかく「ここがいい」って思ってくれる人に使ってもらえたら」

DSC_0691.JPG

完成が楽しみな3Fですが、作っていて「ここはどうしようかなぁ」と迷っている部分はないか、尋ねてみました。

「つくるものはなるべく減らそうとしていて、フレキシブルな空間にしたいな、って思ってるんです。だから、迷っているというよりもどんどんリクエストをいただけたらな、と思っています。とくに、真ん中に作る予定のパーテーション。ここの高さはどれくらいがいいのか、オフィスを作ったことがないのでぜひリクエストが欲しいですね。あとは、入居してくる方が小屋の中にもっと棚が欲しいという要望を持っていたら、それに合わせることもできます」

DSC_0701.JPG


EDITORYにできる、新しくもビルの古きよき雰囲気を持った空間。もし入居するならどんな小屋がいいか、どんなパーテーションがいいか、みなさまにイメージを膨らませていただきたいです。

というわけで、こちらのコメントにて、
こんな風だったらいいなぁ?などなど、みなさんのご意見をお待ちしております。
頂いたご意見によって、置くものや、何かが変化するかも!!??

下記のFavebookページやお問い合わせページにて、ご意見お待ちしております!
Facebookページ
お問い合わせはこちら