RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【News】2013年11月下旬にキッチン・カフェ・展示機能を備えたイベントスペースを増床OPEN!

2f_pre_square.png

神保町のワーキングラウンジ「EDITORY(エディトリー)」は、2013年11月下旬に、従来の4Fワーキングラウンジに加え、2Fにキッチン・カフェ・展示機能を備えたイベントスペース「EDITORY+」(仮称)を増床し、「人・企業・街がつながり、生活や仕事の質の向上につながっていく場」としてパワーアップします。


◆EDITORYについて〜オープンから現在まで〜

EDITORYは、新しい文化と古き良き文化、東と西が交差するまち「神保町」の駅から徒歩1分に位置するワーキングラウンジです。領域(TERRITORY)を編集(EDIT)するというワードから生まれた名称の通り、様々な人の出会い・交流を通じてそれぞれのTERRITORY(専門領域)が重なり合い、EDIT(編集)されることで新たな何かが生まれるワーキングラウンジを目指して2013年4月にオープンしました。

オープンから現在まで、「働く」ための場だけでなく、「本の街」神保町ならではの、大江健三郎書賞受賞作家のトークライブ、ミニコミ作りなど出版系のイベント・セミナー・勉強会から、ライブペインティングのアートイベントまで、数多くの催しを行い、多くの方々にお越しいただきました。


◆さらなる進化に向けて〜 「EDITORY+」 (仮称)のオープン〜

2013年11月下旬、EDITORYは、従来の4Fワーキングラウンジに加え2Fにキッチン・カフェ・展示機能を備えたイベントスペース「EDITORY+」(仮称)を増床します。

神保町ならではの編集・出版をテーマとしたイベントはもちろん、キッチン付きのカフェエリアでのフードイベント、ギャラリースペースでの本・ZINE・プロダクトの物販やアート作品展示、リラックスできるエリアでの作業、勉強会・交流会のイベント、撮影等、目的に応じて柔軟に企画・実施いただける広場のような空間となっております。

EDITORY主催のイベント・セミナー・交流会開催はもちろん、「EDITORY+(仮称)で何かやってみたい!」という方向けにスペース貸し出しも行います。着席で50人、立食で80人を受ける事の出来る約100平方メートルのフレキシブルな空間によって、あらゆるタイプの企画にお応えします。

11月22日(金)、23日(土)の2日間にわたり、オープニングイベントを開催予定です(詳細は近日公開)。

sketch01.png


◆2Fスペース「EDITORY+(仮称)」料金・設備

・スペースレンタル費(平日・土日祝 共通)
スクリーンショット 2013-10-13 18.46.58.png

※利用可能時間は10:00-23:00です(早朝利用は応相談)。
※3時間以上、1時間単位でのご利用が条件となります。
※詳細の用途に応じてご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。
※2013年10月10日時点の料金ですので、変動する場合がございます。

・利用目的:屋内イベント全般/フードイベント/パーティー/カフェ/セミナー/勉強会/読書会/物販/展示/撮影 など

・面積: 100平方メートル

・使用可能備品リスト
スクリーンショット 2013-10-13 18.47.16.png

sketch02.png

◆EDITORYの今後のお知らせ・イベント情報をメルマガ配信します

EDITORYでは今後様々な企画・イベントを開催していく予定です。
EDITORYのお知らせ・イベント情報をメールマガジンで配信しますので、ぜひ下記よりご登録ください。
オープニングイベントの情報も、メールマガジンやウェブサイトにて情報発信いたします。
https://docs.google.com/forms/d/1_ucr1WYTe70v1a9QyaeJA_qnQUYKxEJZ0BT17H6ZLYQ/viewform


◆「EDITORY+」(仮称)プレオープンイベント決定!

「EDITORY+」(仮称)のプレオープン期間の10/19(土)〜11/10(日)には、東京神田のまちの複数の拠点からあらゆるジャンルの表現が同時多発的に立ち上がるアートプロジェクト『TRANS ARTS TOKYO 2013』の会場として、EDITORY2Fに古本街を凝縮した空間「神保町ブックビレッジ」が出現します(アーティスト:特定非営利活動法人NEWSED PROJECT)。10/18(金)夜にはプレオープニングパーティーを開催します。
また同期間内で、EDITORY3Fにおいて、神田神保町にある美術・芸術の専門校『美学校』の作品展示、EDITORY2Fにおいて、神保町近辺にある古書店、書店、カフェ、ギャラリー、美容院などで催される秋の小さな博覧会『LITTLE EXPO』の総集編となる展示も行われ、神保町に関わる人の姿を横断して見ることのできる場となります。


◆「EDITORY+」(仮称)施設概要

・名称:「EDITORY+」(仮称)
・オープン時期:2013年11月22日(予定)
・住所:東京都千代田区神田神保町2-12-3 安富ビル2F
・交通:東京メトロ半蔵門線「神保町」駅 徒歩1分
     都営三田線「神保町」駅 徒歩1分
・構造:鉄骨鉄筋コンクリート造 地上7階建て
・施設面積:約100平方メートル

・運営:株式会社安富
・プロデュース:株式会社ツクルバ
・インテリア・プロダクトデザイン:KAICHI DESIGN 山田佳一朗 / 吉川友紀子
・アートディレクション:宮内賢治
・WEBサイト制作:Afterhours 横田 茂
・運営ディレクション:TOKYObeta 江口晋太朗
・照明プランニング協力:マックスレイ株式会社

・問い合わせ: info@editory.jp