RECENT NEWS

CATEGORY

BACK NUMBER

【イベントレポート】大人の真剣な勉強会

060701.jpg

2013年6月7日(金)、「Cannes Lions 2013プレ勉強会ー今年は工作系(メイカーズ)来んじゃね?--」
ゲストに映像プロデューサーの石井義樹氏(キラメキ)。司会に編集者の河尻亨一氏といった豪華な取り合わせでひっそりと開催されました。
(ひっそり、というのは、開場がEDITORYに決まった時点で、定員満員御礼だったのです。)

Cannes Lionsとは、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」。世界最大級の広告・コミュニケーション関連の祭典のこと。
そのカンヌで受賞されている作品の、ジャンル別パーセンテージの推移の分析から始まったプレ勉強会。さすが、"勉強会"と言った内容からのスタートです。そこに具体的な作品事例の紹介も加わりながら、会は進行されていきます。
休憩を挟み後半戦。参加者の半数が実際にカンヌに行かれる方たちということもあり、カンヌに参加する際の現地の楽しみ方のコツ、おすすめのセミナーやパーティーの雰囲気なども紹介しつつ、参加者の皆さんのお声も交わります。時にズバッとお二人の率直なご意見も飛び、ググッと皆さんの真剣度合が増していきました。業界のことがわからない者にとっても、これはすごく内容が濃いに違いない、そう感じたイベントでした。

060702.jpg

プロジェクターに映し出された最初のほうのスライドがグラフだったので、「ぎょぎょ。やっぱり勉強会というだけあって、眠くなる2時間かなぁ」と最初の10分は正直思いました。
しかしそんな予想に反して作品紹介が続いていくと、気が付くと良質なショートムービーを沢山観たような気分になっていました。思わず笑ってしまうものから、心の琴線に触れてジーンと感動してしまうものまで。更にはそれに一流の方々のコメントや意見が付け加わるので、とってもとっても贅沢でした。
「家族や友人に見せたいと思えるのがいい作品」という当たり前だけれど広告というフックがつくと忘れてしまいがちな石井氏の真っすぐな言葉が、この勉強会中飛び出していましたが、その一言に更に心が温かくなりました。

060703.JPG

今回のイベントは会場予約を頂いた時点で満員御礼のためEDITORYとしては大きく事前告知をしませんでした。こういった利用形態でももちろんご対応できます。今後は今のフロアだけでなく、別フロアもイベントにご利用頂ける予定です。よろしければお気軽にお問い合わせください。

Tel 03-3263-0202
E-Mail info@editory.jp